松山不動産.COM > 社長ブログ > 消費税増税が近づく前に不動産売却において考えておく事

消費税増税が近づく前に不動産売却において考えておく事

6月に入り、松山市内で不動産売却の

ご相談が増えております、有難うございます。

消費税増税開始の10月1日まで、残り4か月

を切りました。それを見越して、不動産売買取引において

新たな動きが生まれ出すかもしれません。

売主様にとって、不動産の売却に関して、消費税増税が

影響する事は以下のような事が考えられます。

◎不動産業者にお支払いして頂く仲介手数料

◎古家を解体して販売する時の建物解体工事代金

◎土地家屋調査士に依頼する測量関係費用

(一部非課税もありますが)

◎司法書士に依頼する売渡証書作成・抵当権抹消の費用

などが、上げられます。

我々、不動産業者にとって、消費税増税で大きく影響される

のは、宅地分譲する時の造成工事費用や中古住宅や

中古マンションの建物分(土地は無税)に関しては消費税

負担があり、増税により、負担額が増える事より、原価が高く

なりますので、販売する時には、その事を考慮した販売価格に

しなければならない可能性があります。

メディアでは、消費税増税を延期するべきという意見も

多いですが、今のところ予定どおり、実施されそうですので、

それを見越した動きが、不動産売買取引で発生するのか

注意深く見ていきたいと思います。

 

大西 晋平

松山市不動産.COM(リビング椿HP)はこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料会員登録で未公開物件情報をどこよりも早くゲット!

1138
10

会員登録はこちら

リビング椿
〒790-0932
愛媛県松山市東石井六丁目6番44号
ページ上部へ戻る