松山不動産.COM > 社長ブログ > 松山市不動産 住宅ローンに関するお借入れ先について選択肢が増えております

松山市不動産 住宅ローンに関するお借入れ先について選択肢が増えております

不動産は最も高額な商品ですので、

ほとんどの方が住宅ローンにより借入を

おこして、物件購入されるのが一般的です。

それについては、今も昔も大差ございません。

しかし、住宅ローンの商品の多様化はついては

近年は目覚ましい進化がございます。

私がこの仕事を始めたのは約23年前ですが、

その時は、新築物件は住宅金融公庫で、中古物件は

一般銀行で借入するのが普通でした。

まだその当時は、物件価格の全額借入は難しく、

原則2割近い自己資金が必要だったように思います。

その後、住宅金融公庫はなくなり、一般銀行が

全額借入可能あるいは不動産諸経費に関する費用も

一緒に借入可能な商品、また3大疾病をカバーする

ような商品が出来た事で、借入可能なお客様が増えて、

住宅ローンの拡大に繋がりました。

ところが、以前は、住宅ローンを貸出するのは

物件の評価ができる地域に根差した一般銀行もしくは

旧公庫系の競争に限られていましたが、ここ数年は

インターネットの普及により、様々な異業種が企業の

内部留保資金を活して、貸金業に参入するように

なりました。楽天銀行、イオン銀行等しかり・・・

これらは原則店舗が存在しません。

それによって、ネット申し込みによる書類の簡素化や

物件のエリア関係なく融資が出来るようになり、

低金利のメリットを活かし、ここ1~2年で

20代~30代のお客様の一部の方が、ネット系の

金融機関で、住宅ローンをお申込みされるケースが

増えつつあります。時代の流れを感じます。

以前は一般銀行どおしによるお客様獲得競争でしたが、

今では店舗銀行VSネット銀行によるお客様獲得競争が

熾烈になってきております。

弊社がお客様にご提案する前に、お客様ご自身が

ご自分でネット銀行を見つけている訳です。

我々もそのようなお客様ニーズに対応できるように

住宅ローンの商品についても、従来の枠にとらわれ

すぎずに、より学んでいかなければなりません。

今後、このように異業種の参入によって、貸金業は

競争がますます盛んになりそうですね。

 

大西 晋平

松山市不動産.COM(リビング椿HP)はこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料会員登録で未公開物件情報をどこよりも早くゲット!

1121
11

会員登録はこちら

リビング椿
〒790-0932
愛媛県松山市東石井六丁目6番44号
ページ上部へ戻る