松山不動産.COM > 社長ブログ > 松山市内の不動産流通は2極化しております。郊外型の物件は早めの売却をオススメします。

松山市内の不動産流通は2極化しております。郊外型の物件は早めの売却をオススメします。

3月も気が付けば中盤戦。

イエステーションのセールスコンテストも

いよいよ佳境に入ります。

正直、ここまでは計画どおり行っていませんが、

私も含めて、各担当の巻き返しに期待したいところです。

さて3月に入って、2月よりは若干お問合せ数が減少してます

が、それでも通常月の倍近いHPアクセス数を頂いてます。

3月に入り、多くの新物件の販売を任される事になった

のですが、お問合せが極端に多い物件は沢山のお客様から

内見希望のご連絡を頂いてます。一方、新情報でもここまで

1件もお問合せがない物件もあり、差が激しいです。

定期的に開催している松山市不動産売却セミナー時にも

皆様にお伝えをさせて頂いてますが、

物件の場所や種別、価格帯によってお問合せが集中する物件と

全くお問合せがない物件の2極化が松山市内でも進んおります。

松山市内中心部の物件と郊外型の物件では全く動きが違います。

不動産をご所有されており、ご売却をお考えになられている方は

ご自身の不動産がどちらに属する事なるかを知っておかれる事は

今後の資産形成の上で、とても大切な事だと思います。

特に郊外型の土地や古めの中古住宅は、今後買手を見つける事が

難しい時代になっていきますので、活用される予定がないよう

でしたら、今のうちに早期売却される事をオススメ致します。

郊外は年が経つごとにますます下落していきます。

人口減少による、不動産売買仲介業に対する影響をヒシヒシと

感じながら、仕事をしております。

不要不動産は早めのご売却をオススメ致します。

 

大西 晋平

松山市不動産売却相談の窓口はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

無料会員登録で未公開物件情報をどこよりも早くゲット!

893
37

会員登録はこちら

リビング椿
〒790-0932
愛媛県松山市東石井六丁目6番44号
ページ上部へ戻る